Column > きくこのコラム

×月×日 キッズサロン

 今日またひとつ、新たな世界に足を踏み入れた・・・とは大袈裟だが、本当のことである。つまり、娘の髪を切るために、キッズ専用の美容室に行ってきた。うちの子の髪は、新生児の頃こそ、そこそこ見栄えよく生えていたものの、その後は遅々として増えず、未だ産毛に毛の生えたくらい。だから余計にその伸びた産毛の始末に困り、「一度専門家の技術を見てこよう」となったわけである。

 その美容室(サロンというのかな)は、シートの部分がおもちゃの車になっていて(うちの子の席はminiでその隣はVWのビートルだった)、ハンドルもついている。鏡の前には13インチのモニターが置かれ、幼児向け番組が選べるようになっていた。始め泣き叫んできたわが子も、ビデオが流れると、真剣な表情で食い入るように見つめだしたから、その効用はスゴイものである。あっという間にカットは終わり、シャンプーもしてもらって終了。それで料金は、大人と変わりません。そうそう、併設のキッズカフェで、がんばったからという理由から、ジュースが一杯サービスされました。赤ちゃんビジネスを垣間見たような。

 驚いたのは、女の子は1、2歳のころからカットの際には、七五三の時のスタイルを考えて伸ばすか、短くするか決めるそう。メニューにはもちろん、七五三用のメイクアップ料金、着付け料金も表示されておりました。


<< 前へ         次へ >>